思春期のニキビ

思春期のニキビの原因は、成長ホルモンが原因です。

 

思春期になりますと、成長ホルモンと体のバランスが崩れやすく、皮脂が多量に出てしまいますので、毛穴をふさいでしまうことが多くニキビの原因となってしまいます。
思春期のニキビは年と共にホルモンのバランスも安定してきますので、自然に治っていきますからあまり気にしなくても大丈夫です。

 

ですが、ニキビケアーはした方がいいので、できる範囲でケアーをしておきましょう。

 

またあまり顔を洗いすぎますと、かえって顔の脂分が無くなって、体は必至に皮脂を出そうとしますので、かえってニキビを作る原因になってしまいます。